共起語、キーワードが重要です

 

 ※共起語とは

あるキーワードが含まれた文章コンテンツの中に、そのキーワードと一緒に頻繁に出てくる単語、フレーズのことです。
例えば、「サッカー」というキーワードでコンテンツを作成すれば、その中には、「ボール」「キック」「ゴール」「ドリブル」などの、関連するフレーズが含まれるはずです。これらの関連するフレーズを「共起語」といいます。

 

ライバルとの差別化

独自性が重要

 

今、ライバルとの「差別化」が重要です。

 

それは、コンテンツに「独自性」

Googleが求めているからです。

 

でも、なかなか簡単に独自性を出すといっても

簡単ではありませんよね。

 

この

Q&A LSI Search(Q&Aサイト共起語収集ツール)

そんな、あなたに使っていただきたいツールです。

 

「独自性」を出すには?

キーワードを決めたら
上位サイトをリサーチしますよね。

 

・どんな内容で記事を書いているか?

・見出しには、どんなものがあるか?

・検索ユーザーのどんなニーズに答えているか?

などなど。

 

でも、上位サイトのコンテンツを網羅したとしても、

ライバルもみーんな同じことやってると思いませんか?

 

上位サイトをリサーチすることは大事です。

でも結局、それだけではライバルと差別化が出来ず、

独自性が出せません。

 

なら、どうするか?
という時に役に立つツールが

このQ&A LSI Search(Q&Aサイト共起語収集ツール)です。

 

・競合サイトとの差別化

・ライバル不在のズラシキーワードの発掘

・競合サイトの強さのリサーチ

ザックリとは
こんなことが出来るツールです。

 

現状は、
Q&Aサイトのみを対象にはしていますが、

「Q&Aサイトに含まれる語句、フレーズを自動的に抽出する機能」
搭載しています。

 

キーワード選定の中で、
「Q&Aサイトからキーワードを拾う」
ということをしているのであれば、

これは画期的かもしれませんね。

 

それだけではありません。

このQ&Aサイトのコンテンツから
「キーワードを自動的に抽出する」というだけではなく

 

そのキーワードを元にして
「ズラシ・キーワードを選定する機能」
搭載しています。

 

そして、このズラシ・キーワードも
当然、リサーチすると思いますが、

 

このリサーチに関して、
「需要と競合の調査」
も出来ます。

ズラシ・キーワードの

・月間検索ボリューム

・Google関連キーワード候補数調査

など、需要のある
キーワードなのかどうか?
をリサーチします。

 

また、ズラシ・キーワードの
競合調査も出来ます。

 

順位1位~10位の競合の

・ページタイトルを抽出して一覧表示

・ページオーソリティを表示

・ドメインオーソリティを表示

・ドメインのバックリンク数を表示

以上のような指標を表示し、

 

競合サイト、ページの強さをリサーチする際の
参考にすることが出来ます。

※指標の意味はこのページ内でご説明しています。

 

以上のように
様々な機能がありますが、

 

そもそも、

「どうしてQ&Aサイトからキーワードを拾うことがライバルとの差別化につながるの?」

って思いましたか?

 

でしたら、

この続きをご覧ください。

 

今、Googleが求めるコンテンツとは?

Google

 

「SEOにおいて、Googleが求めているコンテンツとはどんなものか?」

ということは、SEOをする上で最も難解でもあり、最も重要な命題でもあります。

 

「コンテンツSEO」といわれるようになり久しいですが、

あなたはこの「コンテンツSEO」という言葉を

どんなふうに理解しているでしょうか。

 

「良いコンテンツ、ユーザーの役にたつコンテンツを書いていれば、

Googleに評価されて、上位表示されるんだ!」

 

という人がいます。

 

しかし、これだけでは

正解とは言えません。

 

なぜなら実際に、

「良いコンテンツ、ユーザーの役に立つコンテンツ」

を書いているだけでは上位表示はしないからです。

 

それは、ただ、あなたが一人よがりに

「良いコンテンツ、ユーザーの役にたつコンテンツ」

だと思っているだけだから。

 

要は、

Googleがどのようなコンテンツを

「良いコンテンツ、ユーザーの役にたつコンテンツ」だと

考えているか?

 

ということが重要なんです。

 

良いコンテンツ、

ユーザーの役にたつコンテンツとは

ユーザーの役に立つコンテンツ

現在、

Googleが考える良いコンテンツ、ユーザーの役に立つコンテンツとは

 

「検索ユーザーの意図、ニーズに合致したコンテンツ」です。

 

では、この

「検索ユーザーの意図、ニーズに合致したコンテンツ」

とは、どんなコンテンツなのか?

 

禅問答のようになってきましたが…汗

 

AI(人工知能)による

機械学習によってコンテンツを理解する能力が

格段に進歩した

 

現在のGoogle検索エンジンでは、

このAIに対して、

「コンテンツが検索ユーザーの意図、ニーズにマッチしていますよ」

とアピールすることが必要です。

 

このAIが見ているのは何かといいますと、

 

それは、

「検索キーワードに関連するフレーズがどれほど多くコンテンツに含まれているか?」

ということです。

 

検索キーワードそのものが多く含まれているか?」

ということではありません

 

コンテンツ内に多く含まれるべきもの

 

この「検索キーワードに関連するフレーズ」

というのが、

 

我々SEOに取り組むサイト運営者がいうところの

「共起語」

です。

 

Googleが共起語を重視している事実

 

「何をいまさら共起語?」

と思ったかもしれません。

 

共起語をコンテンツに含むことが

SEO的に有利だと言われだしたのは

すでに数年以上前のことですよね^^

 

そして、ある種の共起語ブームは過ぎ去り、

今や共起語は古い、

効果がないとさえ言われるようになってしまった。

 

でも、本当にそうでしょうか?

SEOは流行りやブームでやるものではありません。

 

Googleは検索エンジンのアルゴリズムを

アップデートするために

何年もかけて、そのための理論を研究しています。

 

そして、その理論について特許を取っています。

その特許文書は公開されており、

我々も簡単に見ることができます。

 

そして、その特許の中でも

重要なものは、Googleが頻繁に更新を続けており、

 

何年も前に提出されたものでも

現在まで、何度も何度も更新され続け、

その理論は使われているのです。

 

そんな重要特許の中に、

AIでコンテンツを認識する理論が含まれているものがあります。

 

PHRASE – BASED SEARCHING IN ANINFORMATION RETRIEVAL SYSTEM
(情報検索システムでのフレーズベースの検索)
2018年6月5日
Patent US9990421B2
発明者:アンナ・L・パターソン
出願人:Google Inc.

※Googleの関連フレーズ評価に関する特許文書より

 

この特許文書の中で、

 

「関連するフレーズが多いページは、

関連するフレーズが少ないページよりも上位にランク付けできる。」

と記述されています。

 

つまり、

Googleは関連するフレーズ=共起語を見ているのです。

 

また、実際の事例でも

上位ページから抽出した共起語をもとにした

記事作成ツールで作り出されたツール記事でも

一定期間の上位表示はできております。

(※上位表示後、本気の記事に載せ替えます。)

 

上位ランクの共起語だけでは足りない

「独自性」が重要

独自性

 

そこから、

検索上位にいるページの共起語を抜き出して

その共起語を使ってコンテンツを作れば良い

という話になるのですが、

 

しかし、これでは、

上位にいるページと同じ中身になると思いませんか。

 

コンテンツの中身が同じであれば、

それ以外の順位決定要因のスコア(点数)の合計で

高いほうが勝つことになります。

 

まあ、

勝てれば、それでもいいのかもしれませんが、

 

やはり、そもそも論として

「コンテンツでも勝つ必要」がありますよね。

 

なんのために、

ここまでこのページを読んできたのか、

意味がありません。

 

そこで必要になるのが

「独自性」

です。

 

ただ上位表示ページの共起語を

コピーしただけのようなコンテンツではなく、

 

あなたのサイトページに

プラスアルファの差別化要素としての「独自性」

をもたせることによって、

 

上表示されるために評価される

関連フレーズ=共起語を含んだ「網羅性」

 

あなたのサイトページのオリジナルとしての

「独自性」をもたせましょう。

 

とはいっても、

独自性のあるコンテンツといえども、

あなたの独りよがりのコンテンツではダメです。

 

検索ユーザーのニーズに合ったコンテンツである必要があります。

 

Googleの検索結果には無くても

検索ユーザーのニーズに合ったコンテンツがある場所

 

それが「Q&Aサイト」です。

 

ですので、その「Q&Aサイト」から、

検索ユーザーのニーズにしっかりと合ったコンテンツ及び、その共起語

集めてあなたのサイトに追加しましょう。

 

というのが今回のこのツールでのご提案です。

 

キーワード選定機能の充実

キーワード

 

また、このツールでは

ただ共起語を吸い出すというだけではなく、

その共起語をもとにして、

 

関連する、潜在的な需要を含むキーワードを

選定していく機能も追加しました。

 

共起語についてのサジェストキーワード

自動的に抽出します。

 

これが一般的に言われるところの

「ずらしキーワード」にあたるものとなります。

 

このツール内では

「潜在需要キーワード」と呼んでいます。

 

そして、その抽出した「潜在需要キーワード」

それぞれについて以下のような指標を自動的に

表示してくれます。

 

  • 月間検索ボリューム
  • Google関連ワード候補数
  • 検索順位1位~10位のページタイトル
  • ページオーソリティ
  • ドメインオーソリティ
  • ドメインのバックリンク数

 

これらによって、

この「潜在需要キーワード」

の需要と競合を判断してください。

 

もちろん、

最初に入力するキーワードによって

最終的に表示されるキーワードは様々です。

 

また、最終的にキーワードを選び出すのは

人間であるあなたです。

 

全てツール任せで

「自動的に稼げるキーワードが見つかるツール」

みたいには考えないでください。

 

そういう

「誰がやっても同じ結果になるツール」

というのはあまり好きではありません。

 

すでに弊社とお付き合いのある

あなたでしたら、お分かりだとは思いますが。

 

しかし、

こういう「人間が介在する」部分があることによって

あっという間に飽和するというようなことのない

長く使っていただけるツールであると考えております。

 

 

動画で

ツールの動き、概要をご覧ください

 

 

このツールで出来ること

 

 Q&Aサイト(Yahoo!知恵袋、OKwave、教えてgoo)から関連コンテンツを集める

 集めた質問・回答から共起語を全て、自動的に抜き出す(潜在需要キーワード)

 抜き出した共起語からGoogle関連キーワードを集める(ズラシキーワード)

 潜在需要(ズラシ)キーワードの需要調査

・ズラシキーワードの月間検索ボリューム調査(Googleキーワードプランナー機能)※1
・Google関連キーワード候補数調査(需要の度合い)

 潜在需要(ズラシ)キーワードの競合調査(順位1位~10位の競合ページ調査)※2

ページタイトルを抽出して一覧表示
ページオーソリティを表示※3
ドメインオーソリティを表示※3
ドメインのバックリンク数を表示※3

※1:月間検索ボリューム(キーワードの検索数)「Googleキーワードプランナー」から取得致します。キーワードプランナーとは、Google広告(旧:アドワーズ)で広告を出す際のキーワード候補やキーワードの検索数(検索ボリューム)、競合の強さ、広告単価などが調査できるGoogleの無料ツールです。しかし、2016年夏頃から一部仕様が変更となり、実際に広告を出稿(広告掲載)していないアカウントでは曖昧な検索ボリュームが表示されるようになりました。それゆえこのQ&A LSI Searchにおきましても月間検索ボリュームが細かい数字まで表示されるか、曖昧なボリューム(例:1,000~1万 など)しか表示されないかの違いはユーザー様のGoogleアカウントに依存します。

※2:競合ページの強度を表す各指標はあくまで目安であり、絶対的なものではありません。

※3:ドメインオーソリティ(DA/Domain Authority)、ページ・オーソリティ(PA/Page Authority)とは

米MOZ社が提唱する、Webサイトのドメイン、ページそれぞれを評価する指標数値は最低値が0、最高値が100で表されます。外部リンクの数、リンクの価値、リンクの信頼性、リンク元ドメイン名のバリエーション数、リンク元サイトのIPアドレスブロックのバリエーションなど、150以上のシグナルをもとに計算されています。しかしこれらはGoogleのPageRankと同じものではありません。またドメインオーソリティ、ページオーソリティ共に、絶対的な評価を示すものではなく、あくまで競合サイトとの相対的な評価の目安としてリサーチに活用するべきものといわれています。

 

ツール画面

 

このようにYahoo!知恵袋、OKWAVE、教えてgooという3つのQ&Aサイトから、

キーワードに紐づけて「共起語」を抽出することができます。

 

上記の共起語の中から、気になるキーワードを選択して、関連キーワードを抽出。その関連キーワードの需要と競合を調査します。

 

大量の、普通のキーワードツールでは見つけられないような、潜在需要(ズラシ)キーワードが見つかります。

そしてそれらの潜在需要(ズラシ)キーワードの競合調査(順位1位~10位の競合ページの、ページオーソリティ、ドメインオーソリティ、バックリンク数など、競合の強さが客観的な数値で表示されます。)

潜在需要(ズラシ)キーワードの月間検索ボリューム、Google関連ワード候補数などが表示されます。

 

Q&Aサイトの質問、回答も抽出しますのですぐに参照、深堀りすることができます。

 

Q&Aサイトのコンテンツをそのままツール内で編集することも可能ですので、弊社別ツールのような、コンテンツの元ネタ収集としての使い方も可能です。

 

共起語のもともと含まれるQ&Aの内容もワンクリックで表示されます。

 

上位版 開発中!

 

現在、上位版を開発中です。

 

上位版では検索結果上位ページの共起語を取得し、

それらとQ&Aサイトで取得した共起語の

共通するものや差分の共起語を弾き出します。

 

これによって、

上位表示するために必要な独自性と網羅性を兼ね備えた、

上位ページの共起語とQ&Aサイトの共起語を

両方含んだ共起語一覧を作成することができます。

 

しかし現状、

このQ&A LSI Searchスタンダード版でも

 

取得したQ&Aサイトの共起語と、

他の無料ツールなどで取得した検索上位の共起語とを合わせたり、

比較し差分を出したりすることで、

 

手間はかかりますが、

上位版で目指す機能を手動で実現することは可能です。

 

まだ期間はかかりそうですが、

ぜひ上位版の完成をお楽しみにお待ち下さい!

 

あなたのメリット

 

 半永久的な「応援特別価格」での使用ができる

 上位表示するために重要な「共起語」が手に入る。<独自性>

 「共起語」によって新たなアイデアや切り口を見つけられる

 サジェストキーワードツールでは見つけられないような、潜在需要キーワード(ズラシキーワード)が見つかる

 ズラシキーワードの需要と競合のリサーチが簡略化できる

 

応援キャンペーンの値段は?

 

今回も、激動の中、アフィリエイトに取り組む

あなたのために

半永久的な特別価格のご提案をさせていただきます。

 

このツールの機能について

 

まず、このツールの機能を整理しましょう。

 

このツールはYahoo!知恵袋、OKWAVE、教えてgoo

という3つのQ&Aサイトから情報を取得し、

共起語を抽出します。

 

また、潜在需要キーワードに関しては

Googleのキーワードプランナーと連携して

月間検索ボリュームやGoogle関連ワード候補数を取得します。

 

競合調査のためにGoogleの検索結果から

検索結果1位~10位ページのページタイトルも取得します。

 

海外SEO企業MOZのシステムと連携して

ページオーソリティ、ドメインオーソリティ、バックリンク数など、

競合の強さを表す客観的な数値を取得します。

 

 Q&Aサイト(Yahoo!知恵袋、OKwave、教えてgoo)から関連コンテンツを集める

 集めた質問・回答から共起語を全て、自動的に抜き出す(潜在需要キーワード)

 抜き出した共起語からGoogle関連キーワードを集める(ズラシキーワード)

 潜在需要(ズラシ)キーワードの需要調査

・ズラシキーワードの月間検索ボリューム調査(Googleキーワードプランナー機能)※1
・Google関連キーワード候補数調査(需要の度合い)

 潜在需要(ズラシ)キーワードの競合調査(順位1位~10位の競合ページ調査)※2

ページタイトルを抽出して一覧表示
ページオーソリティを表示※3
ドメインオーソリティを表示※3
ドメインのバックリンク数を表示※3

※1:月間検索ボリューム(キーワードの検索数)「Googleキーワードプランナー」から取得致します。キーワードプランナーとは、Google広告(旧:アドワーズ)で広告を出す際のキーワード候補やキーワードの検索数(検索ボリューム)、競合の強さ、広告単価などが調査できるGoogleの無料ツールです。しかし、2016年夏頃から一部仕様が変更となり、実際に広告を出稿(広告掲載)していないアカウントでは曖昧な検索ボリュームが表示されるようになりました。それゆえこのQ&A LSI Searchにおきましても月間検索ボリュームが細かい数字まで表示されるか、曖昧なボリューム(例:1,000~1万 など)しか表示されないかの違いはユーザー様のGoogleアカウントに依存します。

※2:競合ページの強度を表す各指標はあくまで目安であり、絶対的なものではありません。

※3:ドメインオーソリティ(DA/Domain Authority)、ページ・オーソリティ(PA/Page Authority)とは

米MOZ社が提唱する、Webサイトのドメイン、ページそれぞれを評価する指標数値は最低値が0、最高値が100で表されます。外部リンクの数、リンクの価値、リンクの信頼性、リンク元ドメイン名のバリエーション数、リンク元サイトのIPアドレスブロックのバリエーションなど、150以上のシグナルをもとに計算されています。しかしこれらはGoogleのPageRankと同じものではありません。またドメインオーソリティ、ページオーソリティ共に、絶対的な評価を示すものではなく、あくまで競合サイトとの相対的な評価の目安としてリサーチに活用するべきものといわれています。

 

料金体系とその理由について

 

そして、

料金体系はサブスクリプションです。

 

その理由は、

上記のように複数の外部サービスと連携した

複雑な動作をするツールだからです。

 

複数の外部サービスと連携しているということは

外部サービスが仕様変更することによって

 

それに対応して

Q&A LSI Search も

アップデートをしないといけません。

 

アップデートのリスクが高まるということです。

 

当然、このリスク回避のために

外部サービスの仕様変更の度に

アップデートを繰り返すわけですが、

 

この複数回のアップデートには

それ相応の人件費がかかります。

 

サブスクリプションという

継続的にライセンス料を頂戴する料金体系によって

ツールを使っていただける状態を維持することができるのです。

 

これらの点をご理解いただけますと幸いです。

 

具体的な価格について

 

そして、具体的な価格についてです。

現在、インフォトップさんから一般販売中ですが

その価格は、以下のとおりです。

◆一般オープン販売価格

年間会員初年度:¥29,800

月間会員初月:¥4,980

(年間計:¥37,760

(初期費用:¥2,000/初月のみ+ライセンス料:¥2,980/月々)

こちらを、

今回は『アフィリエイトの秋!応援キャンペーン!』

と致しまして、

 

期間を限定して

オープン販売よりガッツリお得な

特別オファーをご用意致しました!

※期間限定の応援特別価格ですので、何卒ご了承ください。

◆期間限定特別 応援価格

年間会員初年度:¥21,420(税込/3ヶ月分無料!)

初期費用:¥0=無料!

月間会員:¥2,380(税込/月々)

(初月=初期費用:¥0<無料!>+ライセンス料:¥2,380=¥2,380)

(2ヶ月目から=¥2,380/月々)

ライセンス料は

缶コーヒー1本の半額以下、

最安1日あたり、たったの約¥59~です。

 

年間会員でお申し込みいただければ

通常価格から、なんと最大約43%OFFです。

月々に換算すると、

たったの¥1,785です。

 

いま、このタイミングでお申し込みいただけば

半永久的に、

ずっとこの価格でご利用いただけます。

※期間限定の応援特別価格ですのでご了承ください。

※誤って、0:00に<あと1時間で終了>との件名でメール送信してしまっております。申し訳ありませんでした。そこで急遽、1:00まで受付終了を延長させていただきます。

Q&A LSI Search

 

☆最もお得なプラン

※会費3ヶ月分無料サービス

※初期費用無料サービス

  • Q&A LSI Searchツール一式
  • 会員限定公式サポートサイト利用権(操作動画マニュアル・初期設定スタートアップ動画マニュアル)
  • 無償バージョンアップ権
  • 無料サポート(会員継続中 回数無制限/メール対応)
  • 会員限定アフィリエイト権(特別単価無条件設定)

¥32,780 ⇒ ¥21,420

約34%OFF!

(年間一括・税込)

1ヶ月あたり実質¥1,785(税込)

【QAL】に年間会員で申し込む!

  • Q&A LSI Searchツール一式
  • 会員限定公式サポートサイト利用権(操作動画マニュアル・初期設定スタートアップ動画マニュアル)
  • 無償バージョンアップ権
  • 無料サポート(会員継続中 回数無制限/メール対応)
  • 会員限定アフィリエイト権(特別単価無条件設定)

¥5,478 ⇒ ¥2,380

(初月・税込・内初期費用¥0/無料)

¥2,980 ⇒ ¥2,380

(2ヶ月目~月々・税込)

【QAL】に月間会員で申し込む!

■ツール動作推奨環境

【対応OS】 Microsoft Windows 8・8.1・10(日本語版のみ)

※各Windowsのサポート終了までの動作保障環境と致します。

【解像度】 1280×768ドット以上

【CPU】 Intel(R)core 2 duo processer 以上推奨

【メモリ】 メモリ2GB以上推奨

【ハードディスク】 100MB以上のハードディスク空き容量

 

■注意事項

1.Windows7について。

Windows7は、すでにマイクロソフトのサポートが終了しているため、Q&A LSI Searchでもサポート対象外となります。

■ツールをインストール(コピー)するフォルダについて。

C:\Program Files
C:\Program Files (x86)
以外のDocumentなどにインストール(コピー)して下さい。

上記場所にインストール(コピー)しますと正常に動作しない場合があります。

■ 推奨コピー先(ツールを置く場所)

C:\Users\<あなたのユーザー名(ログイン名)>\Documents
ここに、「Tools」や「AffiliateTools」などのフォルダを作成して、その下に「QALSISearch」のフォルダをコピー・ペーストするのがお勧めです。

 

 

いただいた

お問い合わせの中から一部を共有

 

なんとなくイメージを掴めてきたのですが

検索上位の共起語とQ&A サイトの共起語は違うものを出すということでしょうか?

 

Q&A LSI Searchのしくみとして
おおっざっぱに言えば

 

Q&A サイト内の文章を分析する

Q&A サイト内の文章のフレーズから
共起語を抽出してフィルターしている。

 

したがって検索上位の共起語では見つからなかった
異なった共起語がわかる
ということでしょうか?

お問い合わせありがとうございます!

回答させていただきますね。

 

> 検索上位の共起語とQ&A サイトの共起語は違うものを出すということでしょうか?

 

はい。共起語を引っ張ってくる対象が検索上位サイトではなく、
Q&Aサイトですので、共通するものもありますが

 

必然的に、異なるもの、上位サイトからは見つけられない共起語
見つけられることになりますね。

 

 

>Q&A サイト内の文章を分析する⇒Q&A サイト内の文章のフレーズから共起語を抽出してフィルターしている。

 

Q&Aサイト内のコンテンツから形態素解析という技術で、単語を引っ張ってきます。
これが共起語ですね。

 

現段階では、共起語はQ&Aサイトから抽出した、そのままです。
フィルタリングはしていません。

 

ですので、上位表示サイトの共起語との差分共起語、
つまり上位表示サイトに含まれていない共起語をピックアップするためには、
手動で比較して頂く必要があります。
(※上位表示サイトの共起語抽出には、無料ツールが複数あります。「共起語ツール」で検索してみて下さい。)

 

今後、上位版として開発予定のものでは、検索上位サイトからも共起語を抽出し、
その共起語とQ&Aサイトから抽出した共起語を比較し、
差分共起語を表示できる機能も実装していきたいと考えております。

 

 

>したがって検索上位の共起語では見つからなかった異なった共起語がわかるということでしょうか?

 

はい上記、手動での差分共起語のピックアップを行っていただけば、
「 検索上位の共起語では見つからなかった異なった共起語がわかる」ということです。

 

まだ、スタンダード版ですので、機能は限定的ではありますが、
手動で、Q&Aサイトから共起語をピックアップすることを
考えれば、かなり楽になるかと思います。

 

また、動画を観ていただくと分かると思いますが、

このツールは共起語だけではなく、
「ズラシキーワード」の発見もできる機能がありますので、

「ズラシキーワード選定ツール」としての側面もあります。

 

月間検索ボリューム取得に関して、なぜユーザー毎に違うのですか?
月間検索ボリューム(キーワードの検索数)

「Googleキーワードプランナー」から取得致します。

 

キーワードプランナーとは、Google広告(旧:アドワーズ)で

広告を出す際のキーワード候補やキーワードの検索数(検索ボリューム)

競合の強さ、広告単価などが調査できるGoogleの無料ツールです。

 

しかし、2016年夏頃から一部仕様が変更となり、

実際に広告を出稿(広告掲載)していないアカウントでは

曖昧な検索ボリュームが表示されるようになりました。

 

それゆえこのQ&A LSI Searchにおきましても

月間検索ボリュームが細かい数字まで表示されるか、

曖昧なボリューム(例:1,000~1万 など)しか表示されないかの違いは

ユーザー様のGoogleアカウントに依存します。

 

このツールに動作環境はありますか?
推奨環境は以下となります。

 

■ツール動作推奨環境

【対応OS】 Microsoft Windows 8・8.1・10(日本語版のみ)

※各Windowsのサポート終了までの動作保障環境と致します。

【解像度】 1280×768ドット以上

【CPU】 Intel(R)core 2 duo processer 以上推奨

【メモリ】 メモリ2GB以上推奨

【ハードディスク】 100MB以上のハードディスク空き容量

 

■注意事項:Windows7について。

Windows7は、すでにマイクロソフトのサポートが終了しているため、Q&A LSI Searchでもサポート対象外となります。

 

Q&A LSI Search

 

☆最もお得なプラン

※会費3ヶ月分無料サービス

※初期費用無料サービス

  • Q&A LSI Searchツール一式
  • 会員限定公式サポートサイト利用権(操作動画マニュアル・初期設定スタートアップ動画マニュアル)
  • 無償バージョンアップ権
  • 無料サポート(会員継続中 回数無制限/メール対応)
  • 会員限定アフィリエイト権(特別単価無条件設定)

¥32,780 ⇒ ¥21,420

約34%OFF!

(年間一括・税込)

1ヶ月あたり実質¥1,785(税込)

【QAL】に年間会員で申し込む!

  • Q&A LSI Searchツール一式
  • 会員限定公式サポートサイト利用権(操作動画マニュアル・初期設定スタートアップ動画マニュアル)
  • 無償バージョンアップ権
  • 無料サポート(会員継続中 回数無制限/メール対応)
  • 会員限定アフィリエイト権(特別単価無条件設定)

¥5,478 ⇒ ¥2,380

(初月・税込・内初期費用¥0/無料)

¥2,980 ⇒ ¥2,380

(2ヶ月目~月々・税込)

【QAL】に月間会員で申し込む!

■ツール動作推奨環境

【対応OS】 Microsoft Windows 8・8.1・10(日本語版のみ)

※各Windowsのサポート終了までの動作保障環境と致します。

【解像度】 1280×768ドット以上

【CPU】 Intel(R)core 2 duo processer 以上推奨

【メモリ】 メモリ2GB以上推奨

【ハードディスク】 100MB以上のハードディスク空き容量

 

■注意事項

1.Windows7について。

Windows7は、すでにマイクロソフトのサポートが終了しているため、Q&A LSI Searchでもサポート対象外となります。

■ツールをインストール(コピー)するフォルダについて。

C:\Program Files
C:\Program Files (x86)
以外のDocumentなどにインストール(コピー)して下さい。

上記場所にインストール(コピー)しますと正常に動作しない場合があります。

■ 推奨コピー先(ツールを置く場所)

C:\Users\<あなたのユーザー名(ログイン名)>\Documents
ここに、「Tools」や「AffiliateTools」などのフォルダを作成して、その下に「QALSISearch」のフォルダをコピー・ペーストするのがお勧めです。